大切な印鑑を作るなら偽造を防ぐためにインターネット購入がおすすめ

印鑑作成

印鑑にあった素材について

印鑑の素材は、大切な契約の時に使うので、固く経年劣化しないものが適しています。主に、金属、木材、宝石、動物の角や骨が使われます。金属は、主にチタンがあります。チタンは、傷がつかず欠けることがなく、見た目がスタイリッシュで、重厚感のある重みで捺印しやすく、適度な量の朱肉を吸着します。また、デザインや色も、様々な物があります。
木材は、昔からありますが、水洗いできず朱肉に含まれる油分で、劣化しやすく、手入れが重要です。主に、彩樺、黒檀、白檀、柘(薩摩本柘)があります。彩樺は、バーチ材(寒冷地の育つ樹木)の間伐材で作られます。伸縮、ひずみが少なく、きめが細かく、高圧加熱処理されているので、高い耐久性があります。色は、茶、黒、赤などがあります。黒檀は、黒に近い茶色をしています。高い強度があり、油分を含んでいて使えば使うほど味が出てきます。
白檀は、とても香りが良く、捺印するたびに甘い香りが広がります。太古の昔よりお香に使われてきました。柘は、値段が安く、硬さがあり、手に入れやすいです。薩摩本柘は、木目が細かい鹿児島産の高級な柘です。
宝石は、パワーストーンとしても人気があります。主に、琥珀、水晶、ローズクォーツ、シトリン、アメジスト、ラピスラズリ、タイガーアイ、翡翠、ルビーなどがあり、見た目がとても華やかです。

NEW ARTICLE

  • 印鑑登録の仕方とそれに合った印鑑

    印鑑登録は、住民登録している自治体で作ります。大事な契約の際の自分の証となるので、とても重要に…

    »詳しく見る

  • 印鑑に使われる様々な書体

    印鑑の書体は、お店により様々な種類があります。その中で、主なものは5つです。1つ目は、…

    »詳しく見る

  • 印鑑にあった素材について

    印鑑の素材は、大切な契約の時に使うので、固く経年劣化しないものが適しています。主に、金属、木材…

    »詳しく見る

  • 大切な契約に使う印鑑

    私が印鑑を作ったのは結婚する前に婚姻届を出す際に、実印が必要だったので作りました。女性は結婚す…

    »詳しく見る