大切な印鑑を作るなら偽造を防ぐためにインターネット購入がおすすめ

印鑑作成

印鑑登録の仕方とそれに合った印鑑

印鑑登録は、住民登録している自治体で作ります。大事な契約の際の自分の証となるので、とても重要になります。2つ作ることはできませんし、引越ししたら、作り直さなくてはなりません。日本国民で15歳以上なら誰でも作れます。外国の人は、外国人登録法により登録を受けている人ができます。登録する印鑑は「実印」と言い、大きさが一辺8㎜?25㎜の正方形に収まるもので、形に制限はありません。
一方、登録できない印鑑は、ゴム印や変形しやすいもの、三文判、シャチハタ、上記の規格より大きすぎるか小さすぎる、印影が不鮮明かもしくは欠けている、輪郭が欠損しているかない、他の人がすでに登録している、文字が切れていて判読できない、外枠がない、極端に図案化してしまい本人の氏名かわからない、氏名だけでなく生年月日、職業、資格などが彫られている、芸名、ペンネーム、雅号、屋号などを使用した、などがあげられます。
個人の場合は、外国の方も同じですが、役場に本人が直接出向き、印鑑登録申請書に印鑑を添えて窓口へ申請します。申請が済むと「印鑑登録証」というカードが交付されます。法人の場合は、本店の所在場所を管轄する登記所がある法務局で印鑑登録をします。申請が済むと「法務局印鑑カード」が交付されます。

NEW ARTICLE

  • 印鑑登録の仕方とそれに合った印鑑

    印鑑登録は、住民登録している自治体で作ります。大事な契約の際の自分の証となるので、とても重要に…

    »詳しく見る

  • 印鑑に使われる様々な書体

    印鑑の書体は、お店により様々な種類があります。その中で、主なものは5つです。1つ目は、…

    »詳しく見る

  • 印鑑にあった素材について

    印鑑の素材は、大切な契約の時に使うので、固く経年劣化しないものが適しています。主に、金属、木材…

    »詳しく見る

  • 大切な契約に使う印鑑

    私が印鑑を作ったのは結婚する前に婚姻届を出す際に、実印が必要だったので作りました。女性は結婚す…

    »詳しく見る